FC2ブログ

久々の谷津干潟

えー
約2週間ぶりの更新です(-_-;)

先週は那須高原のほうに遊び… ではなく
ネイチャークラフトやらネイチャーゲームやらお勉強?に行きました★


なので更新できませんでした><残念。。。


今回は久々に谷津干潟です
約1年ぶりくらいだと思います
果して何が出るかな?

■日 付:2008.4.25 (金)
■天 気:晴れ/日差しと風がいい感じ★
■場 所:谷津干潟
■同行者:3人(友達)

■□探鳥結果□■
【水辺の鳥】
<カイツブリ類>

 カイツブリ、カンムリカイツブリ

  「カンムリカイツブリの冬羽が一羽だけいました。渡らないのでしょうか? しかも干潮になっていた干潟を歩いていましたw」
カンムリカイツブリ冬羽画像

<ウ・サギ類>

 カワウ、アオサギ

  「サギ類が少なかったです。アオサギしか見ませんでした。カワウもそんなには多くはないですね。どちらも数羽といったところ」

<カモ・クイナ類>

 コガモ、カルガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、オカヨシガモ♀?、スズガモ♀、バン

  「しつこいコガモとヒドリが目立ちました。よく見るとスズガモが混じっていますwバンは淡水池の茂みの中に隠れていました。オカヨシの♀っぽいのいたのですがよくわかりませんでした(-_-;)」

<シギチ類>

 メダイチドリ、ダイゼン、キョウジョシギ、トウネン、ハマシギ、ミユビシギ、キアシシギ、オグロシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、セイタカシギ

  「ハマシギ>キョウジョ>オオソリ>メダイの4種が目立っています。よく見るとキアシとトウネンがハマシギの群れの中に、オグロがオオソリの群れの中に混じっています。探してみましょうwミユビシギもいたのですが、(恐らく三番瀬に?)飛んで行ってしまいました。離れた所にチュウシャクが数羽いました。セイタカシギは仲良さ気に?ケンカしていましたw」

<カモメ・アジサシ類>

 ユリカモメ、コアジサシ

  「コアジサシが元気に飛んでいます。今年は初めて見ました★たまに干潟で休んでしました。ユリカモメは頭の黒いやつらが群れていました。いつ渡るのでしょうかね?」


【野山の鳥】

 ツバメ、ハクセキレイ、ムクドリ、ヒヨドリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ハシブトガラス

  「まーそんな感じですwカワラヒワが干潟に降りていました。ツバメが淡水池の上を飛んでいます」


【その他】
ドバト

スズメ
↑スズメ(雀 Tree Sparrow L14㎝)
なかなかかわいく撮れたと思います☆余談ですが、聞いた話によると、のどの黒い部分が太いのがオスで細いのメスだそうです。はたして本当なのだろうか?

ハマシギの群れ
↑ハマシギ(浜鷸 Dunlin L21㎝)
うじゃうじゃいました(^_^;)それでもなかなか遠くて写真には厳しいですね

オオソリハシシギ
↑オオソリハシシギ(大反嘴鷸 Bar-Tailed Godwit L39㎝) 
冬羽夏羽が混合していました。久々に見たオレンジ色はとっても良いですねー^^ 地面に嘴を突き刺してエサを探していました

ダイゼン
↑ダイゼン(大膳 Grey Plover 29㎝)
お腹の黒い夏羽を撮りたかったのですが、近くにいなかったので… 代わりに近くにいたこいつを撮りましたw 目がかわいくておいしそ…


谷津干潟は鳥との距離があって、イマイチ写真を撮るのには適さないんですよねー
上からしかとれませんし…うーん


久々に鳥の写真を撮って楽しかったです★



 
スポンサーサイト



テーマ : バードウォッチング - ジャンル : 趣味・実用

嵐の中の漁港・湿原ツアー

気がつけば最近鳥類園にいってないですねー
明日でも行きましょうかね

今回は
雨風吹き荒れる中、銚子・波崎・浮島湿原の三か所に
ワイバードのツアーで行きました
(ツアーなので台風でも来ない限りは決行ですw)

それでもちょっとした台風並みの中、だれ一人欠けることなく
無事に生還しましたw

■日 付:2008.3.20 (木)
■天 気:雨風強し/寒い…
■場 所:銚子港~波崎港~浮島湿原
■ツアー:ワイバード

■□探鳥結果□■
■場所①:銚子港・波崎港
【水辺の鳥】
<アビ・カイツブリ類>

 シロエリオオハム、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ

「シロエリオオハムは初見です。最初は羽づくろいしていましたが、いつの間にかもぐって消えてました。アカエリカイツブリもいたのですが自分で理解できなかったので省略w」
シロエリオオハム証拠写真(証拠になるのだろうか?)
 
<カモ類>

 カルガモ、ヒドリガモ、スズガモ、オオバン

「この荒れる中、ヒドリガモとカルガモ、オオバンがいたのは衝撃ですw彼らはあえて険しい道を選んだのでしょうか?w堤防の陰で耐えていました」

<ウ類>

 ウミウ、ヒメウ

「ウミウの群れが堤防で休んでいて、ヒメウは数羽海の上で波に揺られていました」 →ヒメウ画像

<シギチ類>

 アカエリヒレアシシギ

「遠くで、30位の群れが水面を飛んで降りる場所を探しているようでした。」

<カモメ類>

 ウミネコ、カモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、ユリカモメ、ミツユビカモメ

「問題のカモメ類。一番数の多いのがウミネコ。港の地面の上と水面で、群れが見られました。ウミネコに混じり、各種カモメが見られます。探してみましょうw」

学んだ識別点を挙げてみます(基本成鳥w)
ウミネコ…背中が濃い灰色(黒に近い)、嘴の先端が赤と黒でカラフル
カモメ…ウミネコ大で、足と嘴が黄色。背中はウミネコより薄い灰色
 →カモメ画像
セグロカモメ…大型のカモメ。足がピンクで背中が薄い灰色。初列風切が白黒。関東で多く見られる。
ワシカモメ…大型カモメ。セグロカモメに似るが、初列風切が灰色と白(セグロは白黒)
オオセグロカモメ…大型カモメ。セグロに似るが、背中がウミネコと同じくらい濃い(黒に近い)。関東ではあまり多くない
セグロ・オオセグロとも足がピンク色で嘴が黄色で下に赤い点がある
シロカモメ…大型カモメ。幼鳥は真っ白。成長になると灰色っぽくなる。初列風切が唯一真っ白 
 →シロカモメ画像
ユリカモメ…嘴と足が赤色。最も内陸で見られるカモメ。漁港ではいなかった
ミツユビカモメ…小型のカモメ。嘴が黄色で足が黒色。ヘッドホンを被ったような頭の模様

※番号は見られた数が多い順(大体ですが)
以上がカモメ基本8種の識別点です。ポイントは嘴と足、初列風切ですね
難しいですが、識別できるとうれしいです^^
(銚子漁港では建物の中から撮影できました)


Glaucous-Winged Gull

Kittiwake
上の二つの種類はわかるかな?


■場所②:浮島湿原
<タカ類>

 チュウヒ、ハイイロチュウヒ

「普通のチュウヒと白色が強い大陸型チュウヒ、さらにメス型のハイイロチュウヒがみられました。」

<小鳥類>

 ツグミ、オオジュリン

「チュウヒが存在することとで、オオジュリンがパニックを起こしていました。」

<シギチ類>

 ヨーロッパトウネン、ハマシギ、オオハシシギ、セイタカシギ

「湿原近くの田んぼでハマシギの群れの中に初見のヨロネンがいました。傘さしながらの撮影なので無理がありましたがw」

ヨーロッパトウネン
ヨーロッパトウネンLittle Stint
講師曰く、足がトウネンより長く、水深が深いところにも行けるそうです。また、採食方法も違うらしい
トウネンと違いを比べてみたいものです(^_^;)


雨の中でも40種位の鳥が見れました。
雨風強くても鳥は生活しているのだと改めて思いました。でも、機材が大変なのであんまり行きたくないですねww


テーマ : バードウォッチング - ジャンル : 趣味・実用

早春すぎる三番瀬

祝!ブログ開始から(約)1年が経ちました\(^▽^)/

この1年間で約5500もの人をカウントしました
みなさんのおかげで今まで続けられることができました
これからもどんどん頑張っていきたいと思います

ので
これからも末長くよろしくお願いしますm(_ _)m

―というわけで

今回は久々の三番瀬です
時期的には中途半端でしたが。。。どうでしょうか?


■日付:2008.2.25 (月)
■天気:晴れ/風がないと暖かいです
■場所:三番瀬

■□探鳥結果□■
【水辺の鳥】
<カイツブリ類>
ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ
「ハジロカイツブリは特に群れを作るわけもなく、ばらばらにいました」

<サギ類>
コサギ
「遠くから見たらカラシラサギに一瞬見えました…まだまだ未熟です><」

<ウ類>
カワウ
「あまり多くは見かけませんでした」

<カモ類>
(水面)ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、オオバン
(潜水)スズガモ、ホシハジロ
「はるか遠くにスズガモの大群。それとヒドリガモが多い印象を受けました」

<シギチ類>
ハマシギ、ミユビシギ、ダイシャクシギ、シロチドリ、ダイゼン
「ハマシギはうざいくらいいました(苦笑)。一斉に飛ぶときれいです。その中にミユビシギが少し混じってます」

<カモメ類>
ユリカモメ、ズグロカモメ、セグロカモメ
「カモメは識別が苦手ですね(-_-;)難しい…。でも、ズグロカモメはわかりやすいですw」


【野山の鳥】
<小鳥>
ハクセキレイ、ヒヨドリ、ツグミ、ビンズイ、ウグイス、アオジ、ムクドリ、スズメ、ハシボソガラス
「ビンズイは松林の中にいました。帰る間際に見つけました」


【その他】
ドバト


シロチドリ
前から見ると少し怖いですね(^_^;)

ダイゼン
波打ち際のダイゼンを表現してみました

ハマシギの群れ
群れで飛ぶとホントきれいですね^^

ビンズイ「松が大好きです」
林の中なので撮るのに苦労しました。何とか一枚だけ撮れました


風が強く、涙が出てきます><。
けれど、ほどほどに楽しめました!

次は4月頃行きたいですね☆


そういえばミヤコドリが一羽もいませんでした… どこかに飛ばされてしまったのでしょうか?

テーマ : バードウォッチング - ジャンル : 趣味・実用